タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるためのタイムマネジメントのスキルを学ぶ~(1日:7時間)※半日(3.5時間)実施も可能)


こんな課題に対する研修です

働き方改革によって、残業削減が叫ばれる中で、タイムマネジメントの重要性は高まっています。本研修では、現在の仕事の分析(時間の使い方の分析)を踏まえて、自らの生産性を高めるためのタイムマネジメントのスキルを身につけます。そして、自分の仕事と紐付けて、自分自身の業務管理を見直します。
■研修のポイント
①今の自分の業務ごとの所要時間を把握する。
②仕事を分類し、時間短縮できる部分を検討する。
③仕事の手戻りが起こらない方法、仕事の優先順位の付け方を学ぶ。
④仕事の進め方の工夫に役立つ方法を学ぶ。

対象者

若手社員~管理職/仕事を効率的に進める方法を学びたい方

研修の期待される効果

デフォルト画像

・現場の担当者が仕事の量をこなすことに意識をむけている。
・現場の担当者が今までの仕事のやり方、ものの見方や考え方で疑問をもたずに仕事に取り組んでいる。
・業務に追われて仕事が終わらない、何とか残業時間を減らしたいと考えている。
・やるべき業務がたくさんあって、どれから手をつけていいのか分からなくなってしまう。
・業務の優先順位をつけながら仕事に取り組んでいるが、突発的な対応に追われて時間通りに進まない。

デフォルト画像

・現場の担当者が自らの生産性を高めることに意思を向けている。
・現場の担当者が今までの仕事のやり方に疑問を持ち、良くするためにどうすればいいか考えて仕事に取り組んでいる。
・業務の進め方と所有時間を確認し、時間短縮できる仕事はないかを考えて、仕事のやり方を工夫しようとしている。
・やるべき業務を整理し、緊急度・重要度の観点で仕事の優先順位をつけて、上司・先輩に確認して進めている。
・突発的な業務への対応方法を理解している。

研修プログラム例

◎ オリエンテーション
1.現状の把握とタイムマネジメントの原則の理解
 (1)タイムマネジメントの原則とは
 (2)現状を把握する
 【演習】自分のワークスタイルを知る
 【演習】タイムマネジメント自己診断
2.適正なスケジュールをたてるポイントの理解
 (1)仕事のゴール(QCDR)を明確にする
 【演習】自分の仕事のゴール(QCDR)を考える
 (2)仕事の優先順位を明確にする
 【演習】仕事を緊急度と優先度で整理する
3.仕事の進め方を工夫する
 【演習】仕事を実施する上で行っている工夫
 上手なタイムマネジメントのヒント
  ①1日のタイムマネジメントのヒント
  ②業務の効率化のヒント
  ③チームの生産性向上のヒント
  ④会議運営のヒント
  ⑤突発的な仕事に対応するヒント
4.自分の仕事を検証し改善する
 (1)仕事・行動の分類
 (2)組織的視点で仕事を考える
 【演習】自分の仕事を分類し対処法を考える
5.明日から取り組むタイムマネジメント
 【演習】タイムマネジメント計画の作成
 【演習】グループメンバーとの共有

ワーク紹介

・普段の1日の業務スケジュール、業務ごとの所要時間を書くことで、自分の時間の使い方を客観的に振り返ります。
・タイムマネジメント自己診断テストで、自分の特徴や起こりがちなタイムマネジメントのトラブルを明らかにします。
・ケースを使って、依頼された仕事のゴールをQCDRの視点で考え、他の参加者と討議を行います。
・自分の仕事を緊急度と重要度で分類し、優先順位をつけます。
・仕事を実施する上で行っている工夫をグループ内、クラス全体で共有します。

お客様の声

・タイムマネジメントは自分の意識、行動を変えることから始まると学んだので、しっかりと実践していきたい。
・都度、講師からアドバイスがあり、一人ひとりがよりわかりやすく受講することができました。
・業務の所要時間を記録し、計画より遅れた理由も記録をして、改善策をじっくり考えたい。
・今回の研修で他の受講者の話を聞いて、まったく違う仕事の進め方や工夫の仕方を知ることができました。
・他の方の業務を聞くことで、自身の業務を客観的に見ることができました。他業務に比べて定型業務が多いのでスケジュール管理が行ない易いはずなので、自身の取り組み次第と反省した。
・仕事という観点だけでなく、人生全体を通じてタイムマネジメントの必要性を教えてくださる講師の考え方が素晴らしかったです。

講師からのメッセージ

今西 正和

MASAKAZU IMANISHI今西 正和

働き方改革関連法が2019年4月に施行されましたが、管理職(リーダー)から早く帰るように指示されたものの、終わらない業務をどうすればいいか悩んでいるというのが実態ではないでしょうか。本研修では、現在の仕事の分析を踏まえて、自らの生産性を高めるためのタイムマネジメントのスキルを身につけます。そして、自分の仕事と紐付けて、自分自身の業務管理を見直します。また、講師から上手なタイムマネジメントのヒントをお伝えするとともに、参加者同士で仕事を実施する上で行っている工夫を共有します。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png