コミュニケーションセンスアップ「伝える」から「伝わる」スキルへ 6時間×1日間(4時間〜2日等、短縮版も応用版も実施可能)


こんな課題に対する研修です

厚労省の統計データにあるように「仕事上の悩みや不安やストレスの原因」は、男女ともに「職場での人間関係」です。ならば、それを逆手にとって人間関係をよくするコミュニケーションスキルをアップし、多様な職場関係を受け入れ、自他共に、職場でのメンタルヘルス不調者にならない、出さないように、様々なワークや、心理学・脳科学・大学の研究結果などを用いて、納得しながら、コミュニケーションスキルをアップしていただきます。

対象者

新入社員~管理職

研修の期待される効果

デフォルト画像

・コミュニケーションスキルが高くない
・職場の人間関係を良くしたい
・指導者として、どう伝えて良いかわからない
・伝えたいことが伝わっていない
・顧客と良い関係を築きたい

デフォルト画像

・コミュニケーションの効用を知り、自分が生きやすく働きやすくなることが理解できる
・職場を活性化させるヒントが分かる
・メンタルヘルス不調者が出にくい職場づくりに取り組める
・組織の一員として、チームワークの大切さを知る
・お客様から信頼してもらえるようになる

研修プログラム例

1.コミュニケーションの重要性  
・ビジネスコミュニケーションの4つの要素【傾聴ワーク】
2.価値観・経験の違う相手の認め方
・固定観念や、先入観を排除し、価値観の違う相手に伝えるには【図・ブロックワーク】
3.職場でのコミュニケーション
・報連相のポイント【事例検討ワーク】
4.チームに必要なコミュニケーションスキル【アライアンスゲーム】
5.仕事の伝え方・指導の仕方
【独りよがりにならない、相手に伝わりやすいロジカルな伝え方】

ワーク紹介

レジュメに、回答を書きこむだけではなく、
・図形、Tパズル
・立体のブロック
・実際の場面を想定した「報連相」ワーク
・チーム全員参加必須のアライアンスゲーム
2項目に対してワーク1つを盛り込むなど、飽きない飽きさせない、また、グループメンバー全員で行うワークなどで、チーム(組織)にとって、コミュニケーションスキルが必要であることを実感していただきます。

お客様の声

・コミュニケーションのスキルは必ずしも正解があるわけではなく、臨機応答に対応することが大切で難しい課題だが、今回の講義はとても参考になった。
・コミュニケーションや、仕事上の注意点を説明しつつ、グループワークや練習もあって、とても良かったと思います。
・わかり易いスピードで、今後コミュニケーションを取る上で大切なことを知ることができました。
・コミュニケーションをとる上で大切な事に改めて気づけました。
・コミュニケーションの取り方について改めて深く考えることができました。よい機会となりました。
・コミュニケーション力をアップさせるため必要なものに関して勉強できました。
・コミュニケーションの基本的なことを改めて考えることができて、良い機会を得られたと感じる、とても分かりやすく有益な研修でした。

講師からのメッセージ

武田 祥子

YOSHIKO TAKEDA武田 祥子

座学だけでは、分かったようで実は理解が進んでいないことがあります。
できると思う、できているはず、の自己満足や思い込みを排除し、心理学・脳科学・大学の研究結果を交えながら、実務に結びつけて、コミュニケーションスキルとは、考えることを促すことを、私自身が講座の中で、実践してお見せいたします。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png