ロジカルシンキング研修~情報を構造的に整理し、相手の立場に立って伝える力を養う~(1日:7時間)


こんな課題に対する研修です

■研修のねらい
 ①ロジカルシンキングの基礎的な考え方を学ぶ。
 ②情報を構造的に整理し、相手の立場に立って伝える力を身に付ける。
■研修のポイント
 ①ロジカルシンキングの基本的な考え方を理解し、身に付けるメリットを知る。
 ②自分なりの結論や意見をまとめるために、情報を整理し、構造化する方法を学ぶ。
 ③上司や関係者にわかりやすく伝える方法を学ぶ。

対象者

若手~中堅社員/話がわかりにくいと言われる方

研修の期待される効果

デフォルト画像


①上司に報告をする時に、要点がまとまらず何を伝えたいのかわからなくなってしまうことがある。
②上司に相談をする時に、何が必要な情報か判断できず、現状や自分の考えをうまく伝えることができないことがある。
③わからないことを先輩に質問する際、話す順序や伝えたいことが整理できていないため、求めている回答を得ることができない。
④お客様とお電話でお話しする際、お伝えすべきことがたくさんあると何から説明すればわかりやすく説明できるかがわからないことがある。

デフォルト画像


①上司に報告をする時に、要点がまとまっており、しっかりと伝えることができる。
②上司に相談をする時に、必要な情報か判断できており、現状や自分の考えをうまく伝えることができる。
③わからないことを先輩に質問する際、話す順序や伝えたいことが整理できており、求めている回答を得ることができる。
④お客様とお電話でお話しする際、順序立てて、わかりやすく説明することができる。

研修プログラム例

1.オープニング
2.ロジカルシンキングとは
 【ワーク】どちらの話が説得力があるか?
(1)ロジカルであるとは
(2)ロジカルであるための3つの要件
3.情報を整理し、構造化する
(1)構造化とは
(2)情報を整理する
 ①グルーピング
 ②MECE(もれなくダブりなく)
  【ワーク】MECEになるように要素の組み合わせを考える
(3)Why Soとは
  【ワーク】結論に論拠をつける
(4)So What?とは
  【ワーク】情報から結論を導く
(5)構造化の実践
  【ワーク】上司への報告
4.相手にわかりやすく伝える
(1)PREP法
  【ワーク】業務の進捗報告
(2)ホールパート法
(3)SDS法
5.総合演習【ワーク】
6.振り返り【ワーク】
終了

ワーク紹介

・結論に論拠を付けるワークでは、Why Soを行う意味、コツを学び、ワークで学んだ内容を実践する。ワークでは、
 2階層と3階層でアウトプットする。
・情報から結論を導くワークでは、So Whatを行う意味、コツを学び、ワークで学んだ内容を実践する。ワークでは、
 2階層と3階層でアウトプットする。
・構造化の実践のワークでは、実際の活用場面(上司への報告)を想定して、実践的な演習を行う。
・総合演習では、「研修の学び・気づきと現場でどのように実践するか」という内容で、上司への報告を指定された
 フォーマットでまとめて、グループ内で発表を行う。

お客様の声

・難しかったけれど、これから役に立つことがたくさんあったので、すぐにはできなくても少しずつできるようにしていこうと思いました。
・いかに自分に要約する力がないのかわかったので、普段から結論、根拠、具体例を書き出してみようと思いました。
・良い営業は仮説を持ち、仮説からセグメントされる根拠によって決まると日々思っています。自分はその仮説に至るまでの Why So までの質がまだまだ低く、これからとレーニングする必要があると思いました。
・クライアントのニーズをきちんとMECEで要素分解を行い、そのクライアントにとっての最大収益となるソリューションを考え、提供するといった業務に活かしたいと思います。
・講師が一方的に話すのではなく、受講生同士で考え、発表する内容が多かったので、頭に入ってきやすく理解しやすかった。 
・わかりやすく勉強になりました。人の意見や各自のまとめ方を見ることで自分に足りていないポイントがわかったのは、大きな学びでした。

講師からのメッセージ

今西 正和

MASAKAZU IMANISHI今西 正和

「ビジネスにおいて論理的である」とは、「筋道が通っていること」に加えて「目的に沿っていること」、「相手が納得できること」が重要です。「目的に沿う」ためには、目的を考え、正しく理解し、目の前の業務と照らし合わせることが必要です。「相手が納得できる」ためには、あらゆる要素を洗い出し、全体像をふまえて、論理を組み立てる必要があります。本研修では、これらを実現するために、MECEやロジックツリー等の考え方を学び、ワークを通して習得します。さらに実業務にどのように落とし込むかを、徹底的に考えます。

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png