エンパワーメントを実現するカウンセリング・シナリオシナリオに沿った質疑応答だけで対象者から問題の解決策を引き出す究極の技法/2~3時間

部下のモチベーションを高める

こんな課題に対する研修です

あらゆる問題が発生する原因、あるいは問題が解決できない原因は、当事者の意識が狭く浅く低いレベルにとどまっていることにあります。
問題の解決に向けて、最後のハードルを超えるのは想像力です。ところが世の中は、人の想像力を阻害する要因に満ち溢れているため、たいていの人が自分の想像力のスイッチをオフにしています。
カウンセラーや指導者の役割とは、問題解決の意欲を削がれた(ディパワー)状態にある人に対し、問題の答えを提供することではなく、その人の意識に拡張と深化をもたらし、想像力のスイッチをオンにする(エンパワーする)ことです。
クライアントがひとたびエンパワーされると、自ら導き出した解決策の実現へ向けて、目を輝かせながら第一歩を踏み出すことになります。それこそが、カウンセラーや指導者にとっても最高の喜びであるはずです。
この研修では、その奇跡の瞬間をもたらすシナリオをご提供いたします。

対象者

企業や組織内のカウンセラーおよび人材育成・指導にあたるすべての方々

研修の期待される効果

デフォルト画像

●従来型カウンセリングの基本理念
治療、矯正、行動抑制、指導、誘導、管理、コントロール、助言、動機づけ、インセンティブ
主にクライアントの理解力、忍耐、努力、協調性、行動傾向に訴える。
●従来型カウンセリングの効果
クライアントは、カウンセラーの言うことを不本意ながらもいったんは納得するかもしれないが、解決策への根本的で自発的な動機づけにはなりにくく、場合によっては度重なるカウンセリングが必要になる。
●従来型カウンセリングの弊害
拒否(防御)、依存(嗜癖)、転移、投影、防衛機制などの弊害が起こり得る。
●従来型カウンセリングの進行
特定の心理学理論やカウンセラーの思考パターンに左右される。
カウンセリングが回を重ねるほど難易度が増し、カウンセラーの力量に左右される。
●従来型カウンセリングにおける対象者の自立度
一回のカウンセリングでなかなか結論が出ない。
ひとたび弊害が発生すると、カウンセリングそのものが事態を悪化させたり、違う問題の原因になったりする。

デフォルト画像

●「エンパワーメント・シナリオ」の基本理念
問題の根本的な解決策は、クライアント本人の中にこそある。
外側からクライアントをどこかへ誘導する必要がいっさいない。
カウンセラーは常にクライアントの心的パワーの状態(心的ダイナミズム)をモニターし、ディパワー状態からエンパワー状態を目指す。
主にクライアントの五感(感情の根本にあるもの)と想像力(感情を超えるもの)に訴える。
●「エンパワーメント・シナリオ」の効果
カウンセラーは、クライアントの内面に眠っている根本的な解決策を引き出すことに専念し、クライアントがディパワー状態からエンパワーされることを目指すため、その瞬間を迎えたとき、意識の解放を共有し、双方の人間的成長が促される。
●「エンパワーメント・シナリオ」の弊害
カウンセリングによる弊害はいっさい起こり得ない。
●「エンパワーメント・シナリオ」の進行
カウンセラーの理論的背景、個人的価値観などに左右されず、カウンセリングが回を重ねたとしても、同じシナリオを適用でき、頻度も格段に減る。
●「エンパワーメント・シナリオ」における対象者の自立度
クライアントがひとたびエンパワー状態になると、同じ原因で二度とディパワー状態にはならない。
ひとたびエンパワーされたクライアントは、他の問題が発生した場合でも、ディパワー状態にならずに対処できるようになっていく。

研修プログラム例

1. シナリオのデモンストレーションと解説
エンパワーメント・シナリオの一般的運用法をご説明します。
研修の資料として、汎用のエンパワーメント・シナリオを配布します。
〇このシナリオは、対象者が抱えるあらゆる種類の(特に仕事や人間関係上の)問題や悩みに対して質疑応答を行うことで、カウンセラーがいっさい助言や解決策の提示を行うことなく、低く浅く狭い範囲にとどまっている対象者の意識を一段上のレベルに引き上げ、自ら導き出した解決策の実践へと後押しします。
〇このシナリオでは、「問題の解決策は、当の本人の中にあるのであって、他の誰かが正解を握っているわけではない」という理念が貫かれています。人は、他人から押しつけられた解決策では、自発的に実践しようという気にはなれません。
〇このシナリオは、対象者の専門分野も問題のジャンルもいっさい問いません。また、シナリオの流れさえ覚えてしまえば、プロのカウンセラーでなくとも運用できるようになります。
〇この技法を駆使すればするほど、カウンセラーは相手に正解を押しつけるのでなく、相手を支援することを喜びと感じるようになり、その分人間的にも成長します。
【演習】
できれば、クライアント役になってくださる参加者を一人募集し、その人の実際の悩みや問題を、このシナリオを用いて公開カウンセリングします。
これが、このシナリオをデモンストレーションするもっとも効果的な方法です。
※研修をオンラインで行う場合は、あらかじめデモンストレーション用のカウンセリングを収録しておく、などの工夫があった方がスムーズにいくかもしれません。

2. カウンセリング体験
カウンセラーや指導者がこのシナリオをマスターするためには、実際にクライアントとしてこのシナリオを体験してみることが、いちばんの早道です。
ご希望の方に、マンツーマンでのカウンセリングを行います。
※オンラインでのカウンセリングも可能
【演習】
ご希望の方に、ある具体的なケーススタディにこのシナリオを適用したらどうなるかをシミュレーションしたサンプル事例を資料として差し上げます。詳細はお問い合わせください。

▼研修のウリ!
エンパワーメントの概念を導入すると、組織経営において「必要悪」のように言われてきたマネジメントが不要になります。
エンパワーメントは、マネジメントに取って代わる21世の新しい経営理念であり、企業経営にイノベーションをもたらしたいのなら、無視することはできないでしょう。
エンパワーメントの原則は、業界、扱う商品、組織の規模や形態など、適用対象を選びません。

お客様の声

このシナリオを体験した人の感想としては、具体的な言葉より、その人がエンパワー状態になったときの目の輝きが、何より雄弁に語っているでしょう。この点に関して、程度の差こそあれ、例外はありません。

講師からのメッセージ

小林 敦

ATSUSHI KOBAYASHI小林 敦

私は、このシナリオを、学生から社会人に至るまで、様々な場面で様々な対象者に適用してきました。その結果、速い人なら15分、遅い人でも30分から1時間で、問題解決の最終的な「答え」(クライアントがエンパワーされるポイント)にたどりつくことがわかりました。その瞬間クライアントは、頭の中の霧が晴れたようにパッと目を輝かせ、自ら導き出した解決策の実践へ向けて、早く行動したくてたまらない、という状態になります。その意識変革の瞬間に立ち会うことは、私にとっても大きな喜びです。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png