防災啓発セミナー2018 ~日頃から出来る備えを考える~(2時間)


こんな課題に対する研修です

全国各地で災害が多発していますが、一般家庭等においても災害の備えはまだまだ進んでいないのが実情です。
このセミナーでは、過去の災害の事例などを基に自然災害が発生した時にどのような対応を迫られるのかをクイズ形式で考えてもらうことで、災害への備えの必要性を理解してもらうとともに、その解説を通して、正しい防災の知識を身に着けてもらいます。
また、後半のワークショップでは、セミナー前半の気づきを振り返ることで、各家庭や事業所などにおける災害への「備え」の実践につなげてもらいます。

対象者

新潟県内の生協職員や組合員など

研修の期待される効果

デフォルト画像

・たぶん自分の身近では、災害なんて起こらないので、備えなどしなくても大丈夫だろう。
・備えをしておいた方が良いのはわかっているが、実際に備えようとした時に何をしたら良いかわからない。

デフォルト画像

・自分の地域でも、ひょっとしたら地震や水害などの災害が起こるかもしれない。それによって被害や困りごとが発生するかもしれない。
・災害が起こるとこんな問題が起こる可能性があるので、それに備えて具体的な備えをしておかなければいけない。

研修プログラム例

1.災害発生時「こんな時、あなたならどうする?」(Yes-Noで答えるクイズ形式)
実際に災害が起こった時に判断を迫られるような状況において、自分だったらどのような判断をするのかをクイズ形式で考え、答えてもらうことで、災害が起きた時のイメージを掴んでもらうとともに、自分も決して他人事ではいられないのだという当事者意識を持っていただきます。
【クイズの例】
ある日曜日の夜。
大雨のため新潟市では避難勧告が出された外を見ると膝くらいまで水が溜まっている。
視界が悪くなるほどの強い雨が降っておりこれからまだ降り続きそうだ。
別の場所へ避難する➡Yes そのまま家に留まる➡No

YesかNoを答えてもらい、数人から、その理由を聞く
(必ずしも正解はないので、Yesの答えに対してもNoの答えに対しても、肯定してあげることが大切。また、それにより意見を言いやすくなる。)

2.クイズの解説を通しての知っておきたい防災知識の学習
そのような状況になった場合に(もしくはそのような状況になる前に)、適切な状況判断や対応が出来るよう、知っておきたい防災知識について解説を加えることで、災害時の対応や備えについて理解を深めます。
(クイズの回答の形で解説を加えることで、より理解が深まります。)
⇒時間などに応じて、1と2を繰り返す。

3.災害時の備えを考える
セミナー前半のクイズを振り返り、どういったことが大切だと感じたかを振り返ることで、各家庭や事業所などにおいて、どのような備えをしておいたらよいかを考えていただきます。その後、一週間以内に出来る備えを各自で考えてもらうことで、備えを実行するハードルを下げます。
【ワークショップ】
(1)前半の設問や解説を踏まえて「大事だと思ったこと」を、フセンに記入後、各グループで共有
(2)大事だと思ったことを踏まえて、これから「できること」「やってみようと思うこと」をフセンに記入後、各グループで共有
(3)各グループで「できること」「やってみようと思うこと」のベスト3を選出・発表
(4)個人個人で一週間以内に実践することを各グループ内で発表

ワーク紹介

クイズやその解説だけで終わらせずに、ワークショップを行うことで、以下のような効果が得られます。
・「大切だと思ったこと」を共有することで、多様な意見があることを知ることが出来る他、自分と同じ意見があることで自信を深められます。
・「大切だと思ったこと」から「出来ること」「やってみようと思うこと」へと一歩思考を深めることで、学びを実践へとつなげます。
・更に一週間以内に実践することに行動をブレイクダウンとすることで、実践するハードルを更に下げ、取組みやすくする

お客様の声

・河内さんのお話がとても分かりやすくて良かったです。常に自宅と実家を思い浮かべながら聞いていました。自宅は山、実家は信濃川沿いで避難の方法が全く違うと認識しました。
・クイズが身近な問題で勉強になりましたし、映像や写真が多く、分かりやすい講演でした。
・実際に自分がそういう立場になった時、どういう行動を取らなくてはならないのかを、日頃から意識して考えておくことが大切だと思いました。また、それを身近な人に知ってもらうことも大切だと思います。
・時間帯や場所によって取る行動が異なってくるという事がわかりました。家族に自分で自分の身を守れるようによく教えることが必要と思いました。
・とても有意義な内容であると思いますので、全会員生協のメンバー全員で再確認する必要があると思いました。

講師からのメッセージ

河内 毅

TAKESHI KAWAUCHI河内 毅

防災の話は、一般の方にも正しく知識を持っていただきたいテーマなのですが、専門家等による講義では、話が難しくなかなか参加者の理解につながらないこともあります。本セミナーでは、クイズを導入とすることで、災害時に起こり得るシチュエーションを参加者の自分ごととして考えてもらうことで、理解の促進を図ります。
また、講義後のワークショップで大切だと思ったことを共有することで、知識の定着を図るとともに、実際に行動することや一週間以内に行うことを考えてもらうことで、備えの実施につなげやすくしています。

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png