織田 大志TAISHI ODA

:織田 大志
スポーツ(主に野球)のデータを使って統計学を教える講師。2010年明治大学理工学部数学科へ入学。4年間座学中心の「数学の証明」を学ぶ。数学の知識を社会に役立てたいと考え、2014年に明治大学大学院先端数理科学へ進学。莫大なデータ(記録)を数学的に分析し、新しい価値を見出す「ビッグデータ」が流行り始めていたのと、自身野球が好きだったこともあり、野球の記録(選手の成績など)を分析し、選手をサポートする研究ができないかと考える。修士課程修了後、独立系SIerに3年間勤務するも、独自に研究は継続。2019年には順天堂大学大学院の博士としてアカデミックの道へ復帰した。最終的に8年間で1万人以上の日本プロ野球選手の100以上の記録を分析。国内外問わず、研究成果を日本体育学会、横浜スポーツ学術会議等、著名な学会で発表した。博士課程修了後は、富士ソフト株式会社にデータサイエンティストとして勤務。DX推進の一環として、データサイエンスのノウハウを「楽しく」「易しく」「体系的に」伝えるセミナーを月1回自主開催している。参加者の職種に限らず、受講後にデータに基づいた意志決定ができるようになったと高い評価を受けている。

稼働可能な地域

北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州/沖縄

得意業界

大学院で統計学を専攻していたため、業界問わずデータサイエンスの案件が得意です。

講師からのメッセージ

データを数学的に分析する統計分析は、一見すると難しそうですが、私は皆様の身近なものに例えてお伝えしていますので、非常に親近感が湧くようなセミナー(研修)を開催しています。さらに、統計分析によって、今まで私達が当たり前だと思い込んでいたこととは違う結果が得られることがあります。その結果に対する「驚き」を感じられることも統計学の面白さです。

織田 大志

職務経歴

・2016年4月 株式会社Minoriソリューションズ入社
自動車部品のCADデータをベースとしたモデル作成、解析実行、解析結果の報告書作成を行う。他にも、イノベーション、業務効率化の施策の提案など、幅広く担当。会社が主催する新しいITのアイデアを競うコンテストでは、先輩社員として新入社員二人の出場を促して参加、金賞を獲得した。また、表計算ソフトを使用し、作業効率化を促す作業記録シートを作成。日々の業務の進捗状況、反省点をシートに記入、上司と共有することで、モデル作成から報告書作成までの作業時間を50時間から30時間に低減することができた。
・2019年4月 株式会社メンバーズデータアドベンチャー入社
Google Analyticsを用いたECサイトの分析を学ぶ。購買データから課題を抽出し、それを解決するための適切なモデルを選択、分析結果を報告書に纏めて提出した。
・2019年9月 株式会社マクロミル入社
マクロミルが保有するモニタに対して、計300以上のアンケートを作成、配信した。さらに、回答結果を集計し、分析。アンケートに回答するアクティブモニタを増やす施策を提案した。また、アンケートの自由記述の中からAIが判定できないNGワードをチェック。約3万件の回答を手動で確認した。
・2021年9月 富士ソフト株式会社入社
DXの一環として、社内でデータ分析案件を対応できる組織作りを行う。入社半年で約50回の社内セミナー実施。

この講師の研修この講師について問い合わせるMy Training

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png