児玉 充晴MITSUHARU KODAMA

中部大学 経営情報学部

中部大学 経営情報学部:児玉 充晴
現 中部大学 経営情報学部 教授、(社)日本経営士会 業務執行理事(人材育成)
工学博士、経営士、健康経営エキスパートアドバイザー、第三者評価員
京都大学 工学部 電子工学科 修士課程卒 当時の電電公社入社
ハーバード大学ビジネススクール(PMD)に企業派遣として留学
NTTリース㈱でベンチャーキャピタルを創業し、ベンチャー企業をコンサル
ベンチャーの上場支援を行い、ともに8年かかって2社上場させた。(㈱GFと㈱DDSのマザーズ上場)
NTTコミュニケーションズの営業本部の金融統括SE部長やセールスエンジニアリング部長として、営業実務を担当しつつ事業改革を実施
70回/年以上のセミナー講師を実施
京都大学の産官学連携の特任教授、法務室長補佐。
中部大学、理科大、農工大、日大の社会人大学院(MOT)で修士論文指導等を行い会社の業績向上に寄与。
社員数、約200名のIT会社の社長として、会社の立て直しを行った。
中小企業31社と顧問契約を結んで、以下の支援を行った。
企業変革、営業力の強化、効果的なWebやパンフ作成、管理者の管理能力の向上、社員による社内制度の整備、技術評価と特許出願支援(共有特許は13件)

稼働可能な地域

東北/関東/中部/近畿

資格情報

工学博士(情報)、経営士、健康経営エキスパートアドバイザー、第三者評価員、小型船舶操縦免許1級

得意業界

教育サービス/コンサルティング・調査/IT・通信

講師からのメッセージ

31社と顧問契約を結んで企業の業績向上、企業変革、マネジメント能力の向上、ホームページやパンフの改善を支援した実績から、職場の実態に合わせて、ケーススタディも交えて実益重視のセミナーを行います。 IT会社の社長になった経験があり、自分の年齢相応に社長の意図に寄り添ったセミナーを企画します。 事前・事後も含めたセミナーのタイムラインの設計を行い、職場での活動に効果が出るようにします。 企業の時運や人間関係まで算命学を使って解析する手法を持っていることが、他の講師との違いです。

児玉 充晴

職務経歴

1978年 電電公社入社 本社 技術局 伝送部門
1989年 ネットワーク事業本部 設備部 設備企画担当課長
1993年 NTTリース㈱ 先端技術推進部長 (ベンチャーキャピタルのバーチャルカンパニー)
1996年 本社 法人営業本部 第1営業部システム部 金融SE統括部長
2004年 チャネル営業本部 セールスエンジニアリング部長
2006年 NTTコミュニケーションズ定年退職 中部大学経営情報学部の教授に就任
2007年 国立大学法人 東京農工大学 技術経営研究科(MOT) 教授
2008年 京都大学 産官学連携センター 特任教授  法務室長補佐
2013年 ㈱アロートラストシステムズ 取締役 社長

研修実績

【企業/業界】
商工会議所/金融機関の若手経営者の会/金属メーカー/板金工業組合/清掃業/研修会社/不動産賃貸/新聞社/市役所/経営者協会/通信サービス/など多数
【テーマ】
楽しく学べる経営学/管理職の管理能力の向上/営業活動の情報化時代への変革/職場のマネジメント変革法/職場のコミュニケーション法/STAR手法による人材採用法/社内の制度の新規設定や改定/営業心理学を用いた業績向上法/ドラッカーの理論解説/管理職の問題解決スキルの向上法/ホームページとパンフの改善/AIと社会変革、コロナ後の社会/五行思想(算命学)を提供した事業承継法と会社運営法/など多数

お客様の声

短時間の割には内容の濃い講義で、研修資料はバイブルとして、今後の業務に活用します。
メリハリのある話し方に引き込まれました。日ごろの職場の問題をズバズバ指摘されて解決法を学べました。
明日自分の身に起こるかもしれないケーススタディで裏にある理論を教えていただき、応用力が身についた。

出版メディア関連情報

MOT総研のHP  http://motlab.main.jp/index.html
「利益を生み出すビジネス手法と事例108」 出版社:日経BP企画  
ISBN 4-86130-095-9 C2034

動画紹介








この講師の研修この講師について問い合わせるMy Training

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png