橋本 恵子KEIKO HASHIMOTO

ことのはスクエア

ことのはスクエア:橋本 恵子
日本大学芸術学部放送学科卒業後、中学時代からの夢を貫きアナウンサーとして㈱静岡第一テレビに入社。
「ズームイン!!朝!」などの情報番組を担当後、記者兼キャスターとして夕方ニュースを5年にわたって担当する。出産・育休を経て、技術部、東京支社編成業務室(子連れ転勤)、営業推進部、アナウンス室長を経て、関連会社で放送部長兼業務部長。フルタイム勤務の傍ら、女性が働き続けるために必要なことを追求し続け、社外では静岡県さくや姫サミット作業部会メンバー、静岡市男女共同参画審議委員などを歴任。ワーキングマザーサークルWin-Winプロジェクト代表。
2019年4月、50歳を機にライフシフトして研修講師として独立。
国家資格キャリアコンサルタント、認定ワークライフバランスコンサルタント。
アナウンス室長時代に構築した伝えるスキル(話す・聴く)を楽しく学ぶコミュニケーション講座は、学校・企業・団体などで開催。参加者に寄り添ったオリジナルプログラムは、生放送番組で培った「ライブ感」に定評がある。

稼働可能な地域

関東/中部

資格情報

国家資格 キャリアコンサルタント
認定ワークライフバランスコンサルタント
山根基世の朗読指導者養成講座修了生

得意業界

官公庁/学校

講師からのメッセージ

28年の会社員生活の中で、子育てと仕事の両立や子連れ転勤など「キャリアの壁」を乗り越えるたびに、学びを深め、研修講師として独立することを決めました。「ことば」へのこだわりと感度の高さが、一期一会のライブ感あふれる研修を創ります。

橋本 恵子

職務経歴

・1991年 ㈱静岡第一テレビにアナウンサーとして入社。「ズームイン!朝!!」をはじめ、情報・スポーツ番組などを主に担当。
・1997年~2002年 報道記者兼夕方ニュースのキャスターを務めながらドキュメント番組を2本制作。また、会社の社会貢献プロジェクトのメンバーとして「アナウンサー出張朗読会」を企画・提案し、その後、20年継続。
・2002年10月~2003年11月 産休・育児休業
・2003年11月~編成部 放送進行担当者として、全く新しい業務に取り組む。  
・2004年4月~技術部 グループ会社社員の放送進行作業をまとめる現場リーダーとして業務に臨む。
・2006年7月~東京支社編成業務部(子連れ転勤)キー局の情報を的確に本社に届ける業務を担当。約3年で、社内外に強固なネットワークを構築する。
・2009年4月~営業推進部(販売促進担当)営業支援の販売促進企画サポートや販促番組制作を担当。映画のプロモーション時には、映画監督や俳優へのインタビュー実績も多数。
・2013年4月~報道制作局アナウンス室長(管理職)アナウンサーの指導とともに、社外での「コミュニケーション研修」など独自の取り組みに着手。
・2015年4月~グル―プ会社㈱DIプロに出向 放送部長(放送進行)として放送のデータ作成を担う部署で17人の部下のマネジメントに取り組む。静岡県から「イクボス表彰」も。  
・2017年2月~㈱DIプロで業務部長(人事・労務) 兼 放送部長 新卒採用や、会社初の社内研修などを行う。放送部でプレイングマネジャーをしながら、グループ会社全体を統括する業務に注力する。
・2019年3月 50歳を機に、これまでのキャリアを活かして研修講師として独立。

研修実績

【企業/業界】
警察/税理士団体/小・中・高等学校/労働組合/小売店/市民団体/PTA

【テーマ】「伝わるコミュニケーション」(子ども~管理職層まで)「プレゼンテーション講座」(働く女性)「研修講師養成(講座の組み立て・フィードバックなど)」(シニア層)

お客様の声

・コミュニケーションの解決策を知ることが出来た。役立った。
・笑いもあり、楽しく参加出来た。
・具体的なワークでいろいろな考え方に触れることができた。
・自分に足りないところを見つけることが出来た。
・今の自分の心に響く言葉がたくさん出てきて、なんだか涙が出そうになった言葉もありました。
・橋本さんとの出会いは身近に目標とする人が出来たとても良い機会でした。とにかく、私が憧れる第一線で働く輝くワーキングマザーでした。
・特にお話の進行や人を引きつける魅力的なお話はさすがプロフェッショナルだなと感心しました。

この講師の研修この講師について問い合わせるMy Training

課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png