町田 仁美HITOMI MACHIDA

まちだ社会保険労務士事務所 オフィスjin

まちだ社会保険労務士事務所 オフィスjin:町田 仁美
香川大学商業短期大学部卒業後、約10年間会計事務所勤務。在職中に社会保険労務士を目指し、合格後は社会保険労務士事務所等の勤務を経て、まちだ社会保険労務士事務所開業。
自身の子育て中のイライラや社会保険労務士として労働相談を受けることで、アンガーマネジメントの必要性を実感し、2016年日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーターとなる。協会認定講座の他、講演、行政研修、企業研修、カルチャーセンター、学校、市の子育て力応援講座等で登壇。心理学・言語学が融合した米国NLP™協会認定NLPコーチの資格を取得し、コーチとしても活動。ハラスメント防止、虐待防止などアンガーマネジメントとコミュニケーションの研修依頼が多数。
また、㈱​ワーク・ライフバランス認定WLBコンサルタントとなり、感情面で思うように進まない働き方改革を推進する活動をしている。

稼働可能な地域

近畿/中国/四国

資格情報

・社会保険労務士
・一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントシニアファシリテーター・アンガーマネジメントコンサルタント・アンガーマネジメントトレーナー・アンガーマネジメント叱り方トレーナー・アンガーマネジメントハラスメント防止アドバイザー・アンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー・アンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー
・株式会社ワーク・ライフバランス認定ワーク・ライフバランスコンサルタント
・​米国NLP™協会認定NLPコーチ
・米国NLP™協会マスタープラクティショナー
・​日本コミュニケーションカード活用推進協会アドバイザー
・2級ファイナンシャルプランニング技能士

得意業界

官公庁/医療・福祉/学校

講師からのメッセージ

研修では気づきを大事にしています。気づくことで大きな変化をもたらします。気づき、体感していただくことで自分のものにしていただけるような取り組みを心掛けています。

町田 仁美

職務経歴

●1991年  香川県信用漁業協同組合連合会 入職
⇒総務課・業務課を経験。在職中に香川大学商業短期大学部に入学。仕事と学業の両立を図った。
●1996年 大下秀樹会計事務所 入所
⇒税理士補助として試算表、決算票の作成。給与計算、確定申告等幅広く会計業務に従事。
●2005年 ㈱クリエアナブキ 派遣社員として業務に従事⇒様々な業界の経理、人事を経験。
●2008年 社会保険労務士法人木内事務所 入所⇒2005年に取得した社会保険労務士資格を活かすため実績を積んだ。
●2010年 独立行政法人雇用能力開発機構 入職⇒助成金等の申請に携わり、社会保険労務士として活動するための経験を積んだ。
●2013年 まちだ社会保険労務士事務所 開業 
開業と同時に 高松労働基準監督署 勤務(現在は退職している)
●2016年 一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーターの資格を取得し、研修講師として活動開始。  

研修実績

【企業/業界】
省庁/市役所/学校/幼稚園/保育園/こども園/医療・福祉/専門サービス/製造/建設/石油/飲食/自動車/各種組合・団体/カルチャー など多数
【テーマ】
新入社員研修/階層別研修(主任~管理職、経営者)
アンガーマネジメント/管理職向けハラスメント防止/メンタルヘルス/コミュニケーション/チームビルディング/ワークライフバランス/モチベーション/コーチング/労働法 など多数

お客様の声

・現実に直面する事例があり非常に分かりやすい。すぐ実践していきたい。
・違ったイメージで捉えていたことの本当の意味を知り、職場で総合的なケアができそう。
・ワークが適度にあり、とても楽しく有意義な研修であった。聴くことの重要性を認識した。

出版メディア関連情報

四国新聞社本紙 アンガーマネジメント講座連載協力 2018.7~現在(月1回) 別紙でも2回ほど掲載あり
2020.8.1~31 高松ケーブルテレビ市政情報「いき・いき高松」の『ホットラインたかまつ』
2019.7 RNC西日本放送 news.every特集
2019.3.1~31高松ケーブルテレビ 他

この講師の研修この講師について問い合わせるMy Training

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png