下田 久人HISATO SHIMODA

:下田 久人
アニメーション演出家(監督)として2001年から活動するも、「制作状況が逼迫した案件をあえて請け負い現場を助けてきたこと」から以降、「お客様の悩みをお助けする」ことをモットーにし『動画お助けマン』と名乗ることになる。
●テレビ、ゲーム業界を中心にアニメーション映像の監督・演出を担当。具体的に予算案含め、どう現場を運営していくかの制作プランと質的に視聴者を満足させるための演出プランを立て現場のリーダーとしてスタッフワークをこなす。
●約20年の経歴の中で約45タイトル、100本を超える制作本数を手掛け、直接指揮したスタッフはのべ1000人を超える。アニメ映像演出の現場アドバイザーをする傍ら、メーカーやスポンサー主催の企画会議、経営会議にも出席を依頼され、参加、アドバイザーも兼ねる。
●お客様(大日本印刷株式会社様)の要望で、eラーニングの企画、講義動画内でのインタビュアーから集客相談を対応。サイト内でコラムの執筆も依頼され行う。
●2021年夏よりビジネス動画クリエイターとして、講演会やセミナーの配信や講師コンサルタントのPR紹介動画の撮影制作をはじめ、その傍ら講師コンサルタントのみなさんから多くの話を聞き、そこで講師業に深く感じるキッカケになる。特に「受講生のみんなに苦労させたくない。改善し幸せになる姿を見るのが自分の幸せ」という言葉が印象に残る。 
※詳細は自己紹介動画を作成したのでそちらもご覧ください。

稼働可能な地域

東北/関東/中部/近畿/四国/九州

資格情報

知的財産管理技能検定3級(国家試験)

得意業界

TV、映画、ゲームなどエンタメ業界について/娯楽・レジャー/人材サービス

講師からのメッセージ

スタッフ、リーダー、そしてクライアントとエンドユーザー。みなさんにとって明るくハッピーな未来につながる視野が広がる選択肢・気づきを得る話、取り組みをしていきますね。

下田 久人

職務経歴

●2001年有限会社陸演隊に入社。アシスタンドディレクターとしてスタートし、作品制作運営とクライアントとの窓口となる。2年後アニメーション演出家(監督)として作品のクオリティと予算の両方を管理しながら、現場スタッフの運営、企画プランニングを担当する。
●2007年 フリーランスとして独立。
以降、アニメーション制作会社、ゲーム開発会社を中心に映像制作の現場を渡り歩く。キャリアを積むにつれ、「楽な制作現場はない」「どのリーダー、スタッフも困っている」という現実を知り、依頼主側から人材育成の相談や現場のチームつくり運営についての相談を受けるように変わる。制作現場で指揮を取りながらスタッフや20代~30代の若いリーダーたちの悩みを聞きながら一緒に作品作りを進める。
●2021年夏よりビジネス動画クリエイターとして講演会・セミナーのZOOM配信やPR動画の撮影制作を始め、撮影を通して、多くの企業研修講師や各種業界の先生方の話を聞く機会を得る。

研修実績

■ビジネスアニメ制作会社経営者向けに「アニメーション活用セミナー」の講師として登壇(写真あり)                                         ■ゲーム映像制作の案件請負期間中に、ゲーム開発会社からのご依頼でスタッフ・リーダー向けに「よく起こるトラブル・アクシデントのパターンと実際にどうリカバリーしたか」の講義を行う
■ゲーム・エンタメ系人材派遣会社の営業担当者向けに「お客様から喜ばれる派遣社員になる方法」の講義を行う

出版メディア関連情報

●『トタン屋根のブリキネコ ギィー』(Amazon Kindle)※深い人間関係を考える児童書テイストの物語です                         ●『コラム 現役アニメ演出家がこっそり教える話』※大日本印刷株式会社さん主催webサイト内に計5本連載
https://funs-project.com/news/2018_055.html

動画紹介

この講師の研修この講師について問い合わせるMy Training

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png