専門学校における管理職研修(Q&A)管理職が抱える問題解決と教育ビジネスを考える/6時間~14時間

「任せる」スキル研修

こんな課題に対する研修です

①専門学校の生徒数が減り、どう生き残るか
②コロナ渦の中、教職員のストレス解消を指導する
③M&Aにより、職場の雰囲気がバラバラで、コミュニケーションがうまくいかない
④コロナ渦の中、生徒からの実習に対する不安の声や、保護者からのクレーム対応指導
⑤募集活動に関するアイディアを考える
⑥問題が多く、自分のモチベーションをあげたい

対象者

専門学校校長・副校長・部門責任者・学科長・教務課長・教務主任等

研修の期待される効果

デフォルト画像

①専門学校の生徒数が減り、どうしていいかわからない
②コロナ渦の中、教職員のストレスが強い
③M&Aにより、職場の雰囲気がバラバラで、コミュニケーションがうまくいかない
④コロナ渦の中、生徒からの実習に対する不安の声や、保護者からのクレーム対応の指導について
⑤募集活動に悩んでいる
⑥問題が多く、自分のモチベーションも上がらない等

デフォルト画像

①専門学校の3年先のゴールを自分たちで設定でき、そこまでの行動計画が立てられた
②チームビルディング・コミュニケーション研修により職場の雰囲気が良くなって、メンバーのモチベーションも上がった
③怒りのコントロールで、クレーム対応がスムースにできるようになった
④就職する学生にも、離職に結び付く、不安要素を消し去ることができた

研修プログラム例

1 専門学校における管理職の条件とは
2 部門のゴールを考える(教育理念等との整合性を見る)
3 個人の3年後の目標設定
4 自分の強み・得意な分野を知る
5 伸び続けている学校とそうでない学校の違いを知る
6 生徒募集につながる、一丸となってできる広報戦略を考える
7 管理職に必要なアンガーマネジメント(パワハラ防止も含む
8 チームビルディング・職場に必要なコミュニケーション

【得られる効果】
1 管理職自身に自信がつき、メンバーの方向性を、自信をもって導くことが出来るようになる
2 危機管理ができるようになる
3 これから増えてくる学生や保護者のクレーム対応の苦が少なくなる
4 コミュニケーション力がUPする
5 学生が来てくれる学校の良さを、どうアピールするか、全員で考えられる機会ができる

【内容】
1 目標設定ツール
2 個人の能力診断(研修前・研修後)
3 管理職間の他者評価
4 自然体験コミュニケーションプログラム・チームビルディングプログラム
5 アンガーマネジメント・パワーハラスメント防止について

▼研修のウリ!
専門学校の内容を理解しての研修は少ない。講師は学校運営歴・教育指導歴20年以上。今の現役の校長でもあるので、実践に添った具体的指導が売り。研修前・研修後のコンサルもできる。

お客様の声

1 内容がより、具体的で、すぐに実践に使える
2 学校管理職の苦労がわかってもらえるので,共感しやすい

講師からのメッセージ

萩原 知子

TOMOKO HAGIWARA萩原 知子

専門学校の管理職は、上司からも、部下の教員からも、保護者からも、学生からも、四方から責められることが多い。判断・決定していくことが、日常茶飯事で起きてくる。現状を打破していくためには、決断力・判断力がより、求められる。それは他と違うのは、ものを扱うのではなく、すべては人間が対象となる。そのためには、自己肯定感を上げて、常にプラス発想の考え方が必要です。1つづつ、困難を希望にかえていきましょう!   

この講師の詳細ページへ
この研修について問い合わせる
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png