ベーシックマネジメント研修組織をまとめるための求心力とコーチングスキル 7時間×1日間(短縮版実施可能)


こんな課題に対する研修です

管理職として必要なマネジメントの手法やコミュニケーション力、組織をまとめるための求心力を身に付けます。また、目標を達成するためのプロセス管理とマネジメント手法を理解し実践できるようになることをゴールとします。

【こんな課題を解決します】
・指示するだけ、または結果重視の管理しかできない
・部下との良好なコミュニケーションが不足している
・管理職の人柄や属人的なスキルに頼ることが多く、育成にバラツキがあり、組織としての統一感に欠ける。
・組織に停滞感、閉塞感が感じられ、何度の同じミスが生じている
・成功事例を共有化しない。事例を自分たちの組織内で活かせるかを話題にしない
・目標の未達が慢性化し、エクスキューズを考えることに注力している

対象者

課長以上管理職

研修の期待される効果

デフォルト画像

・「管理職の職務とは」の理解不十分。(時間にも気持ちにも余裕がない)
・部下の目標設定方法がわからない
・部下のやる気を引き出せない
・管理職自身がネガティブな発言をしてしまう
・組織内がモヤモヤした雰囲気になっている
などの管理職が抱える現状の課題とありたい姿とのギャップ

デフォルト画像

マネジメントの基本は「コミュニケーション力」です。
時には、部下へのコンサルティングやコーチングが必要な場面も出てくるでしょう。
この研修では、自己理解と他者理解を深め、円滑なコミュニケーションが可能になります。
また、プロセスマネジメントが、部下の特徴、適性を把握することが可能になり、管理職とメンバーとの間の意識や解釈のズレを解消でき、且つ業務効率を高めることにつながることを探ります。
そして、これらを通じて、管理職として必要な「潜在的な課題」を発見する力を身に付けることが出来るプログラムです。

研修プログラム例

主なカリキュラム
1 マネジメントの役割と求められる人物像
2 リーダーとマネージャーの役割の違いについて
3 企業理念と行動指針
4 目標設定とコーチングスキル
5 潜在的課題を発見するファクトファインディング

企業様の顕在化している課題だけでなく潜在的な課題を深堀することで、対処療法的な解決方法ではなく、抜本的解決のための研修プログラムをご提供させていただきます。
そのため、事前ヒアリング(コンサルティング)を実施した上で、それに基づいた研修のGoal(目的)を設定し、現状の課題を解決し、目的を達成するための研修概要をご提案いたします。
従いまして、事前ヒアリング(コンサルティング)の結果、カリキュラムが変更になることがございます。

ワーク紹介

研修の形態は「双方向参加型」で、グループワークやロールプレイング、演習を行います。
グループワークでは以下の効果を期待できます。
①組織内に共通の認識を持つこと
②目指すゴールに対する、自分たちの現在地を確認できる。
③自己理解と他者理解により「気づき」の提供になる。
ロールプレイング(演習)では以下の効果を期待できます。
①いわゆる代表者によるロープレはなく、一斉ロープレによるストレスの軽減
②コーチングの体感
③問いかけの質の向上
④テンプレートに沿ったコーチングスタイルの習得
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png