コーチングスキルアップのためには?


Q コーチングアップのスキルを高めるためにできることがあるなら教えてください。
A コーチングアップという概念は浸透しきっておらず、どうやったらスキルアップできるのかわからないと悩んでいる方は多いです。
そこで今回は、コーチングアップのスキルアップ方法をご紹介します。

○コーチングへの理解を深める
まず、コーチングそのものへの理解を深めることから始めましょう。上司に対するコーチングであるコーチングアップも、コーチングであることには変わりがありません。つまり、コーチングへの理解を深めることは、コーチングアップのスキルアップにつながるというわけです。

コーチングアップにこだわることなく、コーチングに関するものには全て触れていきましょう。コーチングのことがわかれば、上司にどのようにコーチングすればいいのかということも見えるようになりますよ。

○講座や勉強会に参加する
本や記事を読んで一人で勉強して実践するのも悪くはないのですが、どうしても限界があります。自分では気づかないこともありますし、行き詰ったときにどうしていいかわからなくなってしまいます。

そこでおすすめが、講座や研修、勉強会などに参加することです。コーチングのプロや同じような志を持った仲間と交流することによって、自分に刺激を与えます。偏った考えを持っていたら修正することができますし、自分にない視点を得ることは、間違いなくコーチングアップのスキルアップにつながるでしょう。

特にプロの意見を聞けるのがいいですね。自分より深い理解を持っている人に教えてもらうことは、上達を早めることは間違いありません。

また、さらに自分を高めたいという方は、専属のコーチを雇って指導してもらうという手もあります。ここまでやりたいという方はあまりいないかもしれませんが、自分のスキルを徹底的に磨きたい人にはおすすめできます。

○積極的に上司に関わる
コーチングアップのスキルアップには、コーチングの理解を深めたり、講座や研修などで刺激を得るといいということを述べました。これらはインプットの作業です。もちろんそれだけでは駄目で、アウトプット、つまり実践を繰り返す必要があります。

やはりスキルアップにつながるのは実践です。せっかくの知識も、使わなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。

そこで、上司に積極的に関わるようにしましょう。苦手を感じる上司だとしても、避けていてはいつまで経っても関係は改善しませんし、コーチングアップもすることができません。自分が学んだことを信じて、上司に関わろうとする姿勢が大事なのです。

どんどん上司に関わり、コーチングアップのスキルを駆使しましょう!

○記録をつける
コーチングアップを頑張っても、やりっ放しだともったいないです。改善点に気づかずそのままになってしまうからです。また、失敗を繰り返してしまうということも出てくるでしょう。スキルアップも遅くなってしまうどころか、コーチングアップそのものがうまくいかないということにもつながってしまいます。

そこでおすすめなのが、記録をつけることです。今日は上司にこのようなアプローチをした、そして上司はこのような反応をした、次回はこのようなアプローチをすればもっとうまくいくのではないか…など、その日あったことと改善点、対策などを書きます。

前に何があったか一目でわかりますし、改善点を見つける努力をすることにつながるので、自然とスキルアップしていきます。また、記録をつけることで、どういうときにうまくいかないことが多いのか、上司が不機嫌になるのはどういうときかなど、状況分析と上司への理解ができるようになります。自分の成長を実感できるというメリットもあるでしょう。

記録をつけるのが大変なら、うまくいかなかったとき、もっとうまくできたかも?と思ったときだけでも記録を残しておくといいでしょう。失敗疑問ノートを作っておくことで、これから何か起きたときに、慌てずに対処できるようになります。

注意点としては、記録が単なる義務にならないようにすることです。とりあえず書いただけでは意味がありません。自分のスキルを高め、上司との関係を良好にして業務をスムーズに行うためにやるのだということを忘れないようにしましょう。

○時々自分の行動をチェックする
最初は意識していたことでも、慣れてくるにつれておろそかになるということがあります。例えば、最初は上司の話を聴くようにしていたのに、段々話を聴くのを軽視するようになったというのが一例ですね。

1週間に一度でも、1ヶ月に一度構いませんので、時々自分の行動をチェックして、気をつけることができているかどうか確認しましょう。一人反省会をすることで慢心することを防ぎ、スキルアップにつなげることができます。以下にチェックの一例を載せますので参考にしてください。自分なりのチェックリストを作成して、自分自身を高めましょう。

・報告連絡相談ができているか
・上司を避けていないか
・上司に感謝できているか
・上司に礼儀を持って接しているか
・上司の話を聴くことができているか
・上司に質問するときに工夫しているか

〇まとめ
いかがでしたでしょうか。
コーチングへの理解を深める、講座や勉強会に参加する、積極的に上司に関わる、記録をつける、時々自分の行動をチェックする、この5つの中から、今の自分のスキル向上につながりそうなものを見極めて、取り組んでみてください。
スキルを高めることで、上司との関係を良好にし、業務をスムーズに行えるようにしていきましょう。

講師からのメッセージ

Sakura Yamaguchi山口 桜

山口 桜

この講師の詳細ページへ
課題別研修
 
  • sb-bnr-jpia.png
  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-signup.png
  • sb-bnr-collaboration.png