プレゼンテーション「わかりやすく伝えて相手を動かすプレゼンテーション」とは?

「プレゼンテーション」とは

プレゼンテーションとは、限られた時間内で、効果的な情報伝達を行い、聴き手にこちらの意図する意思決定を促すものです。



プレゼンテーションする話し手は、プレゼンターと呼ばれます。
ディスプレイやスクリーンを活用しながら、伝えたい企画やテーマを聴き手に理解してもらい、納得したうえでその後の行動につなげてもらう狙いがあります。

 

また、プレゼンテーションの語源は”プレゼント”であり、聞き手の立場に立って、自身の提案をプレゼントするという意味なのです。

 

良いプレゼンテーションが発揮できると、以下のような効果があります。

・プレゼンターと聴き手の双方向コミュニケーションが図れる

・聴き手が提案を受け入れ、次の行動につながる

 

良いプレゼンテーションは、決して一方的に自分の話したいことを話すのではなく、聴き手の立場に立つということが重要なのです

注目される背景

欧米諸国と異なり、日本では奥ゆかしく遠慮がちに話すことが評価される傾向にありました。
そのような理由からプレゼンテーションの経験が少ない日本人は、プレゼンテーションそのものが苦手です。

特にビジネスシーンで重要なのは、プレゼンターの発信するメッセージであり、いかに熱意が伝わるかどうかです。欧米では、自信なさげに振る舞うことが、相手を不安にさせ、大事な聴き手の時間を奪っていると考えられています。

堂々としたプレゼンテーションをすることで、聴き手を安心させ、誠実さを感じさせることができるのです。

聴き手の立場に立ち、相手の行動を促すことで目的を達成するためには、プレゼンテーションのスキルを磨いておく必要があるのです。

                       

参加者のこんな課題を解決します!


  • 人前で話すのがとにかく苦手

  • 話す時、スライドと聴き手を見る割合が分からない

  • つい自分の言いたいことばかり言ってしまい、毎回同じ話ばかり繰り返している

  • 最後まで興味を持って聴いてほしい

  • 相手にわかりやすく伝えるスキルを磨きたい

                       

研修を通して学べること

プレゼンテーションをする際に大事なのは、配布資料や投影資料ももちろんですが、一番はやはりプレゼンターです。

 

プレゼンテーションにおいて重要な要素は以下の4つです。

・プレゼンターの表情や声のトーン

・プレゼンターの話し方

・投影資料

・聴き手との双方向コミュニケーション

 

この4つのバランスが取れてこそ、魅力的なプレゼンテーションが成り立つのです。

 

また、プレゼンテーションのスキルとしては、

・プレゼンス 

その人らしさや存在感など

・シナリオスキル

 具体的な言葉の選択や難しい言葉の多用を避けるなど

・デリバリースキル

 表情や態度、姿勢、声のトーンや大きさなど

が挙げられます。

これらのスキルを磨くことで、聴き手がプレゼンテーションの内容に共感し、行動促進ににつながるのです。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png