女性向け管理職研修「女性管理職の強み」とは?

「女性向け管理職研修」とは

「女性活躍推進法」とは、女性が自身の意志によってキャリアを構築し、自身の能力を十分に発揮することが可能となる社会づくりを目指す法律です。

 

女性が働きやすい職場作りが企業には求められていますが、一つの指標である管理職における女性比率は11.9%(厚労省「令和元年度雇用均等基本調査」)と伸び悩みが見られます。

 

女性管理職にとって、多くの男性管理職の中でマイノリティとして業務を推進していくのは不安が大きく、自信を喪失してしまうことも少なくありません。

 

しかしながら、女性管理職には、下記のような強みが見られます。


  • 部下への細やかなフォローができる

  • フラットなコミュニケーションにより部下が伸び伸びと仕事ができる

  • 多様な意見が生まれやすい


 

企業にとって、女性管理職が不安を払拭し、強みを活かして活躍できるようにすることは、新しいロールモデルを作り、後に続く女性社員の意識を変える意味でも重要となります。

注目される背景 

前述の通り、日本の女性管理職比率には伸び悩みが見られます。

その背景には、女性より男性の方に成長機会が与えられやすいという職場の構造的な問題もありますが、もう一つ、「管理職になりたくない」という女性が多いことも理由として考えられます。

 

その理由の一つとして、「自分には能力がない」という意見がありますが、それは正しくありません。

「自分には能力がないと感じてしまっている」、つまり自信を失ってしまった女性が多い、というのが真実です。

 

同じ序列で入社した男性社員が重要な仕事を任されていくのに、自分には負担も少ないけれども成果も小さい仕事が与えられる、よって承認される機会も少なく、妊娠出産育児などのライフサイクルにより思うように仕事ができない期間もある、そのような中で、じわじわと入社時に持っていた自信は奪われていきます。

 

だからこそ、ロールモデルになる女性管理職に、まず自信を取り戻してもらうことが重要です。

                       

参加者のこんな課題を解決します! 


  • 自分の強みが分からない

  • 男性のように仕事を進めることができず自信を失っている

  • 中々自分の意見を採用してもらえない

  • 自分一人が頑張っているように感じて疲弊している

  • 部下を巻き込みながら業務を進められるようになりたい

                       

研修を通して学べること 

女性管理職が自分を活かして業務を推進するには、以下のようなマインドが有効です。

 


  • 自分に合ったリーダーシップ


男性管理職と同じようなリーダーシップを発揮する必要はありません。

自分に合ったリーダーシップに気づくことは自信にもつながります。

  • 自分の想いを磨く


チームとしてベクトルを合わせて目標に臨むには、自分の言葉で想いを語ることも重要です。

この目標が何につながるのか、皆にどのように活躍してほしいのか、どのようなチームにしたいと思っているのか、それを伝えられるリーダーに部下は共感します。

  • 他人を巻き込み実現を目指す


自分一人で仕事や課題を抱え込んでも、消耗するだけで物事は進みません。

どのように伝えれば他部署も含めた他者を巻き込みながら協力してもらえるか、そう考えることが重要です。

 

研修を通して、管理職としての不安を払拭し、自分らしいリーダーシップを発揮できるようになります。

カテゴリから探すFind by CATEGORY

人気の研修Popular Training

新着研修一覧を見る

新着コラムNew Column

  • sb-bnr-concierge.png
  • sb-bnr-collaboration.png
  • sb-bnr-pickup.png
  • Withコロナ時代の研修対策
  • Zoom研修/セミナーテクニカルサポート派遣
  • sb-bnr-interview.png
  • sb-bnr-jpia.png